リンクビューの作成

リンクビューとは、レコードの編集中に条件に一致したレコードを一覧表示する機能です。

リンクビューを設定する

  1. リンクビューの作成はアプリ設定画面の「リンクビュー」タブから追加ボタンを押下して開始します。

  2. 設定画面が表示されますので、利用目的に合った設定をします。

    リンク元アプリ:

    リンク元となるアプリを指定します。

    リンクするレコードの関連付け:

    表示するレコードを編集中のレコードと関連付ける為のフィールドと、その条件を指定します。

    次のフィールドは対象外です。

    • file, spacer
    リンクするレコードの絞り込み条件:

    表示するレコードの絞り込み条件と、レコードの並び順を指定します。

    次のフィールドは並び順の対象外です。

    • テーブル内フィールド
    • spacer
    表示するフィールド:
    A:

    表示するフィールドを指定します。

    次のフィールドは対象外です。

    • spacer
    B:

    取得した結果をテーブル内フィールドにコピーする場合は、そのコピー先フィールドを指定します。

    コピー先のテーブルはコピーする内容で上書きされます。

  3. 設定が完了したら、「OK」ボタンを押下し、アプリ設定画面の「アプリを更新」ボタンを押下します。

    ボタンの説明

    A:

    リンクビュー設定画面を表示します。

    B:

    リンクビューを複製します。

    C:

    リンクビューを削除します。

  4. リンクビュー名を上下方法にドラッグすることで、自由に並び順を変更出来ます。

リンクビューの構成は、保存後も変更出来ます。

リンクビューを使う

レコードの編集すると、条件に一致したレコードが画面下部に一覧表示されます。

複数のリンクビューを設定した場合は、タブを切り替えて表示します。

数値フィールドの列ヘッダーには、その右側に矢印ボタンが表示され、そこを押下すると、表示リストの下部に集計結果が表示されます。

取得した結果をテーブル内フィールドにコピーするように、コピー先を指定した場合は、列ヘッダーのボタン列ににコピーボタンが表示されます。

表示されたコピーボタンを押下すると、コピーが実行されます。